72cc5ec29ef73dc39da043f0348a1dae
Delighted Life

【ぶらりお散歩・新宿】新宿追分

2018/11/13 18:48 旅行・お出かけ 趣味

新宿三丁目の交差点で信号待ちをしていて、ふと道路の向こうの交番に目が行った。

「四谷警察署 追分交番」の文字が目に飛びこんできた。


ああ、ここが新宿追分の地なのかと気がつく。

追分とは「牛馬を追い、分ける場所」を意味しますが、街道の分岐点も意味します。

ここ新宿三丁目の交差点はまさに甲州街道と青梅街道の分岐である新宿追分なのです。

お江戸日本橋から始まって一番最初の宿場町がここ内藤新宿です。


よく買いに行く「追分だんご本舗」。

ウィッキペディアによると、お店の由来は、1455年(康正元年)に太田道灌が江戸城を築城中、武蔵品川の館から武蔵野に鷹狩りに行った帰り道、高井戸で中秋の名月のもとで宴を張っていたところ、土着の名族から手つきの団子が献上され道灌は大いに喜び、その後も団子を所望したといわれている。

後に、高井戸宿が甲州街道の始駅となり、団子屋は柳茶屋と号し大いに繁盛した。

1698年(元禄11年)、内藤新宿が伝馬の宿駅となり、柳茶屋も新宿追分に移転し、「追分だんご」と呼ばれるようになった。


由来は古いお話からですが、おだんご屋さんの創業は昭和20年(1945)。

老舗には変わりないけど、昭和に入ってからのもので柳茶屋の流れをくむお店ではないことにちょっぴりがっかりしました。


https://drive.google.com/open?id=15qY3cSBCMZYOMZvKKSOFglQW9evL8oNf&usp=sharing

近場の寺社仏閣を調べてみました。

位置関係が分かるようにgoogleマップを作ってチョッとした覚書を記入。

これを見て後日、内藤新宿の寺社巡りしようと思います。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください