72cc5ec29ef73dc39da043f0348a1dae
Delighted Life

28年越しのお礼参り~水天宮

2019/02/03 20:17 旅行・お出かけ 趣味

安産、子授けのご利益で有名な水天宮。

人形町で用事を済ませた帰りに立ち寄って来ました。


知人が戌の日に水天宮の御子守帯をいただいて下さり、それを巻いて無事大安産で生まれた息子。

バタバタしている間にその方がお礼参りまでして下さり、ご利益賜ったのに一度も訪れたことのなかった水天宮。

晴れて28年越しのお礼参りとなりました。


イメージでは大きくて重厚かつ歴史を感じる古社をイメージしていました。

全くイメージとは正反対の都会のビル群にある近代的な社殿でした。

こちらが水天宮への入口です。

表参道のファッションビルかと見紛うような近代的なアプローチ。

免震構造がしっかり施された最新式の近代建築は、一瞬、他に普通の入口があるのかもとキョロキョロしてしまいました。


階段を上り切る手前の左右には随神が祀られていました。

社殿へ続くこの階段建物がいわゆる随神門の役割なのでしょうか。

階段を上り切ると狛犬、鳥居へと続きます。


左手に手水舎。

何もかも真新しくてピカピカ。


右手にある社務所。

こちらでご朱印を拝受しました。

さすが、妊婦さんや乳幼児が多く参拝するだけあって、お札所には待合所や授乳室、スロープもあり、まるで大学病院の受付のような雰囲気でした。


こちらが本殿。


元和6(1620)年、大名家として久留米藩二十一万石を拝領した有馬家の二代藩主の有馬忠頼が、尼御前大明神(水天宮)に対して、城下の筑後川に臨む広大な土地を寄進し社殿を造営。

文政元年(1818)、第九代藩主有馬頼徳が参勤交代の折にお参りできるよう、芝赤羽根橋の上屋敷内へ勧請。

明治には青山、そして現在の日本橋蛎殻町に至っています。


こうやってご由緒を調べてみると意外に歴史が浅いことに驚きました。

水天宮ってもっと古い神社だとばかり思い込んでいたので東京のこの地で祀られてたった200年とは心底驚きました。


ご朱印は4種類。

1枚500円だったので今回は水天宮と寳生辨財天の2種類をいただきました。

いただかなかった2種類は書き置きのみだそうで、こちらは次回訪れた時のお楽しみとします。


有馬家代々当主が篤く信仰していた辨財天。

江戸時代、有馬家上屋敷内には市杵島姫神が祀られていました。

毎月5日と巳の日には扉が開き、ご神像が拝観できるそうです。


境内社の火風神社、秋葉神社、高尾神社。


安産子育河童

足元と胸、肩に赤ちゃんカッパがいます。

河童は水天宮の神使といわれています。


子宝犬

お産が軽く多産である犬にあやかった福犬に因んだ縁起物。

周囲を取り巻く十二支のうち自分の干支を撫でると安産、子授け、無事成長など様々なご利益があるといわれてます。


水天宮を出てお向かいの三原堂でどら焼きを買いお店を出て正面に見える社殿にビックリ!

はて、これは私が訪れた水天宮?

思わず信号を戻ってもう一度入口まで引き返して確認しちゃいました。

三原堂さんを出るまで後を振りかえっていなかったので、大きくて立派な社殿と水天宮が頭の中でリンク出来ていなかったんです。


オバサンはホント頭が固いです。

んでもって確認しないと気が済まないから面倒です(´ε`*)


水天宮

東京都中央区日本橋蛎殻町2-4-1

http://www.suitengu.or.jp/

TEL : 03-3666-7195

開門時間 : 7:00~18:00

駐車場 : 有・40台(有料)

アクセス : 東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅(5番出口)より徒歩1分

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください